小夜更けて

好きなことをただ書いていくブログです

2018 春ドラマ感想①

春ドラマが始まり始めたので、第一話の感想を書いていきたいと思います。あらすじは載せていない、ただの感想です。

○コンフィデンスマンJP

面白いだろうな、と予想していたのですが、予想通りでした。

長澤まさみの、はっちゃけたキュートなキャラは、モテキを思い出します。日本アカデミー賞で優秀主演女優賞を受賞した彼女を見たときにも感じたんですが、肝の据わった性格だということを、最近は隠そうとしていないですよね。散歩する侵略者でも、アイアムアヒーローでも、地に足のついたリアルな演技で強い女を演じていました。このドラマでも、飛行機の中で核心をつく言葉をゴッドファーザーに静かに語りかけたシーンで、彼女の秘められたブラックさがかいま見えました。

ストーリーは明るく、テンポ良く進んでいきます。騙し相手の役者も豪華。江口洋介は、体のラインが美しくてセクシー。存在感強いですね。悪役(?)でも、ちょっと応援したくなります。東出昌大も、いい役を射止められて良かったですね。杏ちゃん同様少しぶきようそうで、こだわりが強そうなところが、これから味になってくるのかな。文世さんはハマリ役です。一話は出番が少なくて、ちょっと物足りなかったですけど....。

こういうドラマが始まってくれて嬉しいです。録画して、暇つぶしにぴったり。たまに見過ごしても、一話完結なので気楽。この3人の暗躍を知って、追い詰めようとする正義の味方が必要ですね。ルパン三世の銭形警部みたいな。

今回の脚本には騙されませんでしたが、伏線や何かの仕かけによって、驚かせてくれることを期待したいです。

○正義のセ

朝ドラっぽい、ホッとするドラマです。主人公の家族があったかい。特に、広瀬アリスがヤバいくらいカワイイです。すずよりアリス派の男性の気持ちが分かりました。吉高由里子ファンなので男目線で見ていたから余計、アリスちゃんの笑顔にノックアウトされたって感じです。セクシーとピュアの共存。

刑事ドラマという感じではないですね。テーマもありがち。吉高由里子はカワイイし、安田顕もカワイイし、塚地もカワイイ。三浦翔平はザ・イケメン。俳優陣の魅力で引っ張るドラマになるのかな。

○シグナル

坂口健太郎が、硬派な警察官を演じるわけですが、実力不足。どうしても、彼の持ち味であるミステリアスさが邪魔します。大ヒットドラマのリメイクだから、ストーリーが面白くなることは間違いないんですが、私はアンフェアとかそっち系のドラマはどうも苦手なので、一話で脱落。

○あなたには帰る家がある

中谷美紀が、モノマネ芸人のコロッケに見えるのは私だけでしょうか。木村佳乃長澤まさみもそうですが、ショートカットにすると、可愛らしさが強調されますね。嫌いです。(支離滅裂)吉高由里子には切らないで欲しい。

このドラマを見るのをやめたのは、ユースケサンタマリアがキモすぎたからです。とてもじゃないけど、あの、じっとりした目を毎週見られません。服装も、なんかリアル。嫌いです!

でも、「見ないリスト」に片づけるのが惜しい点が一つだけ。

木村多江の、まがまがしさったら!登場シーンから、心をザワつかせる演技でした。以前、私の中で木村多江ブームが来たときがあったのです。パクチーばっかり無性に食べたくなる、そんな感じで、木村多江の幸薄感や図太さの虜になっていました。そんな時期がまた来たら、DVD借りて見るかもしれません。この木村多江にくわれないようにするには、中谷美紀もがんばらないとですね。

○Miss デビル

確実にウケるドラマです。奈々緒も佐藤勝利もいきいきと演技していて、それぞれファンがつきそうな魅力的なキャラ。 いわゆる「私、失敗しないので」系ドラマですね。

今までは、奈々緒は好きですが、彼女が出ているからといって、見たいとは思いませんでした。声や話し方がどうしても体育会系というか、悪女らしくない。すべてにおいて、努力の人なんでしょうね。一生懸命に悪を演じても、どこか幼いイメージに見えます。ドキンちゃんみたいな...。

木村多江木村佳乃、若手なら葵わかな門脇麦のほうが、底知れない悪さを感じる演技ができそうです。

でも、このドラマでは、脚本や演出でカバーできていた気がします。ドラマに勢いがありました。やってることは滅茶苦茶だけど、自分なりの確固たる信念があるヒロインって、ホントに好かれますよね。

ファッションやメイクもインパクト抜群。かなり深いスリットの入ったスカートや、胸の谷間が見えるようにデザインされたトップスなど、露出度は高いですが、まるでマネキンでした。エロさが皆無です。メイクもどぎつくて、彼女の若々しさをカバーしていました。

ラスト近くの、壁ドンポーズも最高。私の中で、奈々緒ブームが来るかもです。