小夜更けて

好きなことをただ書いていくブログです

首都圏では、今年初めての雪ですね。
遠慮なしに勢いよく降っています。もう、家には帰っているでしょうか?

雪だろうがなんだろうが関係なく残業、夜勤をしなければいけない人も多いと思います。
雪の日に、転倒や事故を起こさないために、役にたつ情報を載せますね。

スノーブーツ?無いに決まってる、という人に

ウィンタースポーツを楽しむ人なら持っていると思いますが、通勤で持っていくor履いていくのは面倒ですよね。 雪が降っているうちはいいのですが、やんだ後が問題です。

凍って滑る道で転んでしまい、打ち所が悪ければ骨折なんてことも...。

また、足が冷えてしまい、しもやけができてしまうかもしれません。
そんなときは、身近にあるものやコンビニで買えるものを使って、急場をしのぎましょう。

○滑り止め対策

  • 靴を太い輪ゴムでグルッと巻く

美意識が高い人は、いっそ転んだほうがマシですよね。「なにやってんのwww」と同僚からいじられるかもしれません。
でも、我が道を貫く人は素敵です。

  • 靴の底に、バンドエイドを貼る

無いよりはあったほうが。「○○さん、これ貼って行って!」なんてかわいい子に言われたらキュンとしますかね。
それともドン引きなんでしょうか。

○靴の中にホッカイロを入れる

靴底に貼ったり、足の甲に貼るタイプがあります。
ドラッグストアで入手しましょう。
個人的な感想としては、とにかくうっとおしいです。しかも、足が温まってくると温度調節できるわけでもなく、ただただ熱い。
でも、靴の中が濡れたままで長距離を歩くような場合、足先の感覚がなくなってきます。
この時期には、職場にもバッグの中にも、ホッカイロは必需品ですね。

雪道では走らないで!

いくら滑り止め対策をしても、雪道で走るのは危険です。

子供にも、よく言い聞かせましょう。

雪が降った時の歩き方について載せておきます。

  • 歩く幅を小さくし、足の裏全体で、しっかりと踏みしめながら歩く

  • 下を見て、雪の状況を確かめながら歩く
    誰かが歩いたところは、意外とツルツルしている場合があるので気を付ける

  • できれば手荷物は持たず、背負うかなにかして、転んでも手が付けるようにする
    (ポケットに手は入れない)

自転車は乗らないで!

自転車なんて、もってのほかです。特に、凍り始めたときは。

足あとや、他の自転車のあとで凸凹して固まっている道を走ったら、転ぶ確率は高いです。
降っているときも、積もった雪の中で、小さな小石や釘が立っていたりして刺さってしまい、パンクすることも。
視界が悪く、事故に遭うことだって、考えられます。
大事な自転車を雪の中に置き去りにするのは心苦しいかもしれないですが、通勤で使っている人は置いていきましょう。

油断禁物です!

今、確認したら、東京都内で路上で転倒した人は16人だそうです。まだまだ、増えることが予想されます。
大けがを負っている人はいないようですが、けが人として数えられることがないように、十分、注意してください。