小夜更けて

好きなことをただ書いていくブログです

ナイナイのお見合い大作戦!(新潟県魚沼市)感想

二人の美女の間で揺れる魚沼のブラザーコーン

土木業を営む岡部昭平さん。(ブラサーコーン似の30歳、恋愛経験なし)目がキラキラしていて、血色が良い青年です。
彼が気になっていたのは、柏木ヘベッカ祐美さん。(30歳 ブラジルうまれ エステティシャン)まつ毛が綺麗にあがったいきいきした印象の女性。番組に出した自己紹介の文章を、デヴィ夫人に褒められました。

最初の顔合わせ、お見合い回転寿司が終わった状態で岡部さんが、もう一人気になっている女性がいることを告げます。
その女性の名前は、中林麻衣さん。(33歳 理系女子)ヘベッカさんと同じく、黒髪ロングで落ち着いた雰囲気の知的な女性です。   

中林さんは、脳みその絵が貼り付けられた鞄を持ってきていて、マイワールドがある人、といった感じ。
この二人の女性は、薬剤師の上村重剛さんのことが気になっていて、特に中林さんは、「岡部さんの髪型がネック」と言うほど、脈が無い感じでした。
岡部さんのお宅訪問にも、姿を見せたのはヘベッカさん。
鮎に頭からかぶりつく豪快さを褒められていました。
そのワイルドさが、岡部さんの心をがっちりつかみ、カップル成立かと思いきや…。
脳みそバッグの中林さんが、最終日に岡部さんにアプローチ。
岡部さんは混乱してしまいます。でも、彼が告白したのはヘベッカさんでした。
カップル成立!スタジオから拍手があがります。

表情豊かなラジオパーソナリティ

スポットが当たったのは、山之内善治さん、25歳。童顔でさわやかすぎるくらいさわやかな青年です。お見合い回転ずしでも、ラジオパーソナリティ感あふれる営業トーク、「山之内です!はーい!」「おつかれさまですありがとうございます!」滑舌がさすがです。
山之内さんが気になったのは、安喰由佳さん、(26歳、看護師)明るそうで、笑うと目がきゅっと細くなる女性です。

安喰さんは、山之内さんのことが少し気になるものの、本命は別の人。(上村重剛さん)
山之内さんは、お宅訪問で来てくれた森賀桃子さん(25歳 工場勤務)のことも考えます。 森賀桃子さんのことを「も、が多いなと思ったんです!」といじっていました。根っからのラジオパーソナリティですね。

関係ないのですが、お宅訪問で出た、山之内さんのお姉さんの可愛さ。今日イチです。
山之内さんも、かわいい感じですが、やはり似ていて、「もっと写して!」と思ってしまいました。ヘアスタイルも可愛かったですねえ。ふんわりしたボブで、少しはねたような感じ。

山之内さんが選んだのは、安喰さんのほうでしたが、フラれてしまいます。
「理性じゃなくて、本能で好きになりたいという気持ちに嘘はつけませんでした。」って言っていた安喰さん。幸せな結婚ができそうですね。

一番人気のユリ王子

次に紹介されたのは、五十嵐大輔さん。(JA職員、今回の男性リーダー)
「めごい娘、つかまえようぜ!」と男性陣の志気を高めていた五十嵐さんです。

どことなくDAIGOさん似の笑い方・話し方でした。女性を優しくひっぱっていってくれそうなワクワク感がありますね。 一番、人気です。
彼が気になったのは、梶塚美帆さん。(同じくJA職員、22歳)
真面目そうでピュアな雰囲気のメガネ女子ですが、BABYMETAL好きです。でも、五十嵐さんには興味がなさそう。話しかけられても、距離を感じさせる対応でした。
五十嵐さんが、最初の顔合わせで気になった女性は他にもいて、田中純さん。(26歳 飲食店勤務)シングルマザーですが、ゴールドのイヤリングをかわいらしくつけこなせる、ギャルっぽい雰囲気の女性です。梶塚さんとは対照的、と言われていましたね。首の詰まった緑のぶかぶかニットがおしゃれでした。

お宅訪問で、デヴィ夫人が訪れて、引っ掻き回します。 五十嵐さんに 「あなたの髪の毛トウモロコシみたい」と言ったり、女性陣に禁断の質問、「なぜ今まで結婚できなかったのか、自分ではどう思われる?」をしたりして、夫人節炸裂です。
人生は戦い!幸福を全て勝ち取らなければいけない」と女性を叱咤激励して帰っていきました。
お宅訪問で、五十嵐さんのお母さんの雰囲気を見て、今回一番のモテ男が、どうして梶塚さんを選んだかわかるような気がしました。雰囲気が似ているんです。
五十嵐さん、お母さんのことが好きなんですね。
でも、告白して振られてしまいました。ユリガールズ(五十嵐さんファン)がどよめく中で、梶塚さんは涙混じりに、「心に決めた人がいたので…」と言っていました。

この恋愛バトルでは、個性的な女性が現れ、スタジオを盛り上げました。
多田祐子さん、早野愛理さんです。早野さんはコスプレ好きで、真っ赤なコートが印象的でした。「うれしいな、幸せ、ハッピー」

そして、多田さん。
五十嵐さんと会うなり、スターにあったかのように飛び跳ねてはしゃぎ、「なんすか、その動き」と五十嵐さんに困惑され。
デヴィ夫人のツラすぎる質問へも臆せず答え、「多田祐子をよろしくお願いします!」と選挙風のアピール。
「五十嵐さんに会う前に、神社で祈願しました。」「ちょっと重かったですか?」「ご家族も、いずれできる子供のことも、すべての人を幸せにすることを誓います。」
「あ、分かりました!」も良かったですね。(見た人にしか、分からないと思います)

それでは、とりあえずここまで。
魚沼のお米はおいしいです。